ウォーターポットホイッスル Peruvian Whistling Vessels

KGWPD-14
 

商品のご説明

紀元前500年から紀元前1200年頃には作られていたと推定されて実際に出土されたポットホイッスルを元に、研究者達によって精巧に作られたレプリカになります。

インカ時代にシャーマンやメディスンマンが儀式やサウンドヒーリングで使用していたといわれており、聖地や埋葬地で発掘されています。後の研究でバイノーラル周波数(微妙に周波数の異なる音を左右の耳に聴かせることで生まれる音の「うねり」)が発せられる構造になっている事が分かりました。
その音色は体内のホルモンの生成を変化させたり、不安やストレスを軽減させる効果があるとされます。
特定の神、祖先、パワーアニマルのスピリットを保持していたり、セレモニーで呼び出したりしているともいわれ、ヒーリングやセレモニーの力を拡大するために他の楽器と併せて演奏されています。

使用方法は水を入れて傾けたり、本体をゆすったりして音を鳴らしますので、誰でも簡単に音を鳴らすことが出来ます。
水の量や傾ける角度、水を移動させる時に手前の水を入れる口をふさぐ、などによって様々な音の変化を楽しめます!!是非音の出し方を模索してみてください。


※傾け過ぎたり、水の移動を急ぐと勢いよく外に水が出る場合がございます。まずはゆっくりと濡れてもいい場所で練習してください。楽器本体は割れ物です。取り扱いには十分お気を付けください。
※新品ですが、生産時から擦り傷や汚れが多少あります。
※塗装・装飾はハンドメイドで行われており、仕上げが少々粗い部分もあります。

サイズ 横幅約30.5cm 約高さ15.5cm 約幅10.5cm 917g



ページのトップへ戻る
カテゴリー
      

商品カテゴリー