(中古品) 二胡  蘇州製小葉紫檀 セミハードケース付き

KGEFASS-01
中古品のお買い得商品となります。

275,000円(税込)

購入数

商品のご説明

※こちらの商品は写真の実物を送らせて頂きますのでご安心ください。

※この商品は中古品となりますが、楽器本体の状態は良好で音は丸みがあり音量もございます。

また糸巻きの止まり具合も問題ございません。

ケースは使用感がございます。

メンテナンスとしては弦新調、千金糸交換、楽器をすべてばらし簡易クリーニングをさせていただきました。


●特長
・写真でもご確認いただけるように、皮は厚みがあり9マス半〜10マス程度の大きなうろこの部分を使用した皮が張られています。ネック部分に小葉紫檀と彫刻されています。

●共鳴胴の形:六角形

●素材:小葉紫檀

●製作:蘇州製 作者不明

●付属品:専用セミハードケース(使用感はございます)、弓、交換用弦、松脂。(輸入許可カード付は付属していませんでした)

参考動画です【二胡二重奏】劉天華「良宵(除夜小唱)」【桐子】



※各動画の楽器と商品は異なります。ご注意下さい。

○二胡の歴史○
二胡は唐の時代(618〜907年)に登場したといわれ、初期は竹製で形状も今の二胡とは色々と異なっていました。
明の時代(1368〜1644年)に入ると楽器の形状は現在のものにかなり近づいています。
1920年代になると中国に大量に流入していた西洋音楽の長所を取り入れ、伝統文化と融合させた新しい奏法や音楽が開発されていきます。
当時、伴奏楽器として使用されていた二胡の独奏曲を発表した劉天華は二胡の地位向上に尽力した代表的な人物です。
また彼は中国内の民族楽器の専門教育体系を築き、現在は民族楽器による大規模な合奏が行われるまでになります。
今日では、二胡は世界中の人に広く親しまれ、TVや映画・歌謡曲でも二胡の音色を聴くことが出来るようになりました。

※二胡の演奏方法
二胡の胴を左腿のつけねに置き、棹は少し前に傾け胴の横面は身体と平行にします。
左手の親指と人差し指の間で、千斤(せんきん/糸が巻いてある部分)の少し下を持ちます。
右手の弓は出来るだけ一直線に弾き、手首・肘・肩はリラックスさせて下さい。

※二胡を扱う注意点
・演奏後は弦と弓のチューニングを緩め、高音多湿を避けて保管して下さい。
・弓に松脂を塗りすぎると、余分な粉が落ちて楽器が汚れたり音が悪くなる原因になります。
・室内で練習する際、音量が気になる方は弱音器(別売1080円)をご使用下さい。
・その他、メンテナンスに関するご質問などございましたら、お気軽にご連絡下さいね。
 
当店2Fでも二胡教室を行っております。
お気軽にご参加下さいね。

ページのトップへ戻る
カテゴリー
      

商品カテゴリー